アフターピルを嘔吐した場合はレディースクリニックへ

アフターピルは、性交渉を行って避妊に失敗してから72時間以内に服用することで女性ホルモンのバランスを崩し、妊娠しにくいホルモンバランスに変えるものです。しかし、アフターピルを服用後に嘔吐してしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか。
アフターピルは服用後の副作用として、嘔吐や嘔吐感、むくみや頭痛といったものがあります。胃腸で消化されアフターピルの成分が体内に吸収された服用後2~3時間後に、嘔吐や嘔吐感を感じる人が多いと言われています。そこで嘔吐してしまった場合、アフターピルの成分も一緒に吐き出してしまった可能性が高いです。女性ホルモンのバランスを崩すことにより避妊効果が上がるもののため、吐き出してしまっては女性ホルモンのバランスを崩すことができていないこともあるため、そのような場合にはすぐにアフターピルを処方してもらったレディースクリニックへ連絡をし、もう一度アフターピルを処方してもらうなどの処置をとることが重要です。アフターピルの種類によって、一度の服用のものと二度の服用のものがありますが、どちらの場合でも嘔吐してしまった場合には必ず医師の指示を仰ぐようにしましょう。副作用として吐き気や嘔吐があるため、吐き気止めの薬を一緒に処方されることもありますが、処方されなかった場合には自分の手持ちの嘔吐や嘔吐感を抑える薬や市販の酔い止めを使っても差し支えないと言われています。
吐き気などの副作用は通常24時間以内には治まると言われています。服用あと2日程度で成分はすべて抜けてしまうと言われているため、それ以降も嘔吐感や頭痛が続くようなら、この場合には何らかの重大な副作用を起こしている可能性があるため、医師の診察を受けるようにしましょう。