アフターピルの原料と避妊効果について

避妊のためのピルにはいくつかの種類がりますが、最もよく使われるのは事前に飲むタイプです。このタイプのピルを三週間飲み続けると排卵しなくなります。その排卵抑制の作用によって避妊することが可能になるのですが、事前に飲み続けなければならないというのがネックです。費用もかかりますし、ついつい忘れてしまうこともあるからです。一方、アフターピルの場合は事前に服用し続ける必要はありませんし、それほど費用もかかりません。
アフターピルtを服用するのは性交渉の後です。コンドームを装着していたのに破けてしまうハプニングがあった場合に飲まれることが最も多いです。他のケースとしては、避妊することを相手に望んだのにそれを拒まれた場合などにも利用されます。用心深い人は、安全日に性交渉を行った後に保険として飲むこともあります。
アフタープルが手元にない場合、代わりに通常のピルを飲む人がいますが、それは意味がないことです。どれだけ高性能のピルを飲んでも効果はありません。性交渉が終わった後に飲んで効果があるのはアフターピルだけなのです。なぜなら、アフターピルは通常のピルと成分が異なるからです。
アフターピルは合成ホルモンが主な原料です。合成したホルモンを粉末状にしたものを特殊な製法で調合することによって作られています。
しかし、アフターピルも決して万能ではありません。飲んだからといって必ず避妊が成功するとは限らないのです。また、性交渉が終わった後に時間をあけすぎると、飲んでも効果がありません。目安としては72時間が経過する前に飲む必要があります。そのため、もし持ち合わせがないのでしたら、すぐに病院に行って処方してもらう必要があります。