アフターピルと殺精子剤とセックスレス

アフターピルは緊急避妊のために使用する薬で、ホルモンバランスを変化させることで精子が受精するのを防ぐ役割があるので服用すると90%以上の確率で避妊することができるのですが、24時間以内が1番避妊率が高くなっていて、95%以上ですが、72時間では75%程度の避妊率になるので、膣内に射精されたことに気がついたら早めに婦人科などに受診をしてアフターピルを処方してもらわなければなりません。殺精子剤はセックスをするまえに膣内に入れることで妊娠を防ぐものですが、子宮の入口付近に入れないと精子を殺すことができないので、マニュアルをしっかりと読んでから使用しないと失敗してしまうことがあります。殺精子剤は性交をする直前に膣内に入れなければならないので、無理やり膣内射精をされた場合には効果がないのでアフターピルを服用することになります。セックスレスは精神的な問題を含んでいるのですが、夫婦間のコミュニケーションの取り方などをカウンセラーを交えて話し合うことで解決することができます。基本的には子育てを優先する妻や仕事のストレスによって精神的に疲労をしている男性に多いとされていますが、セックスは夫婦間の大切なコミュニケーション方法なので性交を伴わないスキンシップなどをして夫婦間のつながりや絆を感じることも重要です。セックスレスが長く続く場合には精神的な苦痛にもなるので離婚事由にもなることがありますが、日本では夫婦の問題を裁判で解決する習慣があまりないことから、セックスレスの状態を維持してしまう夫婦が増えています。女性の場合は妊娠できる間は性欲がある程度はあるのですが、全く無く生活に支障がある場合は婦人科で治療をすることができます。