アフターピルとルナベル、少量の出血が続く場合

アフターピルは、しっかりと避妊を行っていたにも関わらず失敗した場合や、最初から避妊せずに性交渉を行った場合に、最長で72時間以内に服用すれば妊娠を回避することができる緊急避妊薬です。

アフターピルを服用した後、早い人で1~3日、遅くても3週間以内の間に出血すれば妊娠を回避できたことになりますが、3週間を経過しても出血しなかった時には妊娠している可能性が高いため早めに産婦人科などで診察を受けるのが望ましいとされます。

アフターピルの服用後は、生理周期も狂ってしまうために本来なら生理が来る機関でないのに突然来たり、思いがけない時に排卵したりするので、数日出血が続いたり生理周期が安定するまでの2~3か月の間にセックスを行うと妊娠する可能性があるので注意しましょう。

また、定期的に服用することで妊娠を回避できる低用量ピルというのがあるのはご存知の人も多いと思われますが、ルナベルなどの低用量ピルは、妊娠回避以外にも子宮内膜症や生理痛、PMSなどの症状を緩和してくれる作用があります。

また、更年期における体の不調や、骨粗しょう症などの加齢により女性ホルモンが減少することで起こる女性特有の体の症状にも効果的だとされています。

ただ、子宮内膜症に伴う月経困難症や、機能性月経困難症の症状がある人がルナベルなどの低用量ピルを飲むことで数日不正出血が見られる場合があります。

それに伴い腹痛や下腹部痛などの症状も現れる場合には一度婦人科で相談するのが良いでしょう。
一度専門クリニックで診てもらうことで安心できますし、ピルには女性ホルモンが含まれているため、服用することでホルモンのバランスが崩れて出血が起こるのはあまり珍しいことではありません。

しかし、場合によって子宮や卵巣などに病気を抱えているために出血を起こしているケースもあるので、何かおかしいと感じた場合にはすぐに医療機関で診てもらうようにしましょう。