アフターピルで生理を遅らせ継続的に服用する

アフターピルとは、女性ホルモン配合された緊急用の避妊薬です。
低用量ピルは、性交渉の前から服用して避妊効果を得るものですが、アフターピルは、性交渉後に服用する緊急的な避妊方法です。
このアフターピルを服用すると、黄体ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが整い、子宮内膜を発育させて排卵後のような状態を作り出します。このためアフターピルを服用すると、排卵のタイミングをずらすことができ、避妊効果を得ることができます。

ピルは、錠剤に含まれるホルモンの量で、高用量、中用量、低用量の3段階に分類されます。
ホルモンの含有量が多い高用量になればなるほど避妊効果が高くなりますが、ただ体にもたらす負担も大きく、副作用が現れやすくなるというデメリットもあります。
アフターピルは、緊急避妊剤として使用されることが多いものなので、中用量や高用量となり、妊娠を防ぐ効果は高くなりますが、中毒域が広くなるので、低用量ピルとは違い継続的に服用するものではありません。
アフターピルは、一般的には中毒域がほとんどないとされていますが、避妊剤として何度も服用を重ねると、血栓症や不正出血を起こす可能性も高くなり、性交渉後72時間以内に服用しないと効果を得ることができませんから、正しい知識が必要となります。また膣内射精をしても100パーセント妊娠するとは限らないので、頻繁に飲む必要はなく、低用量ピルを継続的に服用する方が安全で確実です。

アフターピルは、避妊に失敗した時に緊急的に服用する特殊なピルです。
病気の治療を目的としていないため、病院やクリニックで処方を受けピルを入手使用とする場合には、保険の適用が受けられず自由診療という形になってしまい、病院ごとに価格が違ってしまうので、事前に確認することをおすすめします。