アフターピルの特徴について

アフターピルは女性が普段から常用するピルとは別の製品です。
一般的に流通しているピルは、正確には低用量ピルと呼ばれます。
こちらは生理周期の調整、バイオリズムのコントロールなどにも使われており、思春期の頃から常用なさる方々もいらっしゃいます。
もちろんピルには違いありませんが、どちらかと言うと避妊そのものを目的にするよりも、体調管理に軸足を置いた製品です。

一方でアフターピルの特徴として挙げられるのが、圧倒的な避妊率になります。
低用量ピルは真面目に計算を施した上で飲まなければ、妊娠の確率が抑えきれません。
ところがアフターピルなら、常用する必要がなく、いわゆる事後から服用しても、避妊の正しい作用が得られるのです。
24時間以内であれば、90パーセントを超える非常に高い確率で受精卵への着床を回避出来ますし、
かなり後から彼氏や夫が中に精液を出していた事が発覚したとしても、72時間以内であれば70パーセント以上の高確率で避妊対策が可能です。

生理前は女性の方も性欲が高まり、彼氏や夫と唐突な流れでセックスをしてしまう事があります。
想定外のセックスの場合、事前にゴムや避妊具を用意出来ません。
剥き出しのペニスを挿入すると、やはり生理前という時期も重なって妊娠のリスクが上がります。
しかし、アフターピルさえ手元に用意しておけば、最悪膣内でザーメンを出されてしまっても大丈夫です。
一夜に行った性行為の回数、射精の頻度に関わらず、アフターピルさえ正しく服用すれば、事後からでも遡る形で避妊が出来ます。
もちろんコンドームを用意するのが一番ですが、旅行時やお泊りデートの際などは、準備が難しく、二人の気持ち次第でセックスに至るのが普通です。

■使用方法や副作用についても詳しく書いてあります
アイピル